長期留学やワーホリに出発する前に、いくつかの手続きが待ってます。

めんどうですが大人の義務なのでしっかりやっておきましょう!





【住民票転出届け】@市役所

カナダに1年間住むので、住民票の転出届けを出します。

市役所の市民課で、案内に従って必要な書類を記入していけばOKです。

転出先の住所の記入が必要になりますが、決まってない場合は国名だけでも大丈夫だそうです。




【国民健康保険】@市役所

私は住民票をカナダに移します。

なので、同時に国民健康保険からも抜けることになります。

会社を退職してから渡航日までは国民健康保険に加入することになり、渡航日以降は国民健康保険を抜けて、自分で加入した民間の海外保険が適用される予定です。

住民票が抜かれる日に勝手に国民健康保険も解除されるらしいので、解除の手続きをまた市役所に出向いてする必要はないそうです。ただし、国民健康保険証は返納しなければならないので、市役所から貰った郵便封筒で返納します。


手続きには、退職した会社から受け取った「健康保険・年金の資格異動証明書」と、「本人確認ができる免許証等」が必要になります。

あとは市役所の方からの案内に従って手続きを進めていきます。

国民健康保険所はその場ですぐに発行してもらい受け取れます。


<健康保険に関して疑問に思ったこと>

海外でなってしまった病気やケガでも、帰国して国民健康保険の手続きをした後に病院にいけば補償してもらえる?

→ どこの場所で発症したかに関わらず、補償してもらえる。(市役所の方に聞きました。)





【マイナンバー返納】@市役所

転出手続きなどをしている時に、マイナンバー通知カードの提出も求められました。

提出したあと、通知カードの裏に「平成31年4月9日国外転出により返納済み」と記載されて返却されました。

また日本に帰ってきた際にマイナンバーの登録が必要になるそうなんですが、その時にこの返却された通知カードが必要になるそうなので、大切にとっておきましょう。

(なくてもOKですが、どうやらお金をとられたりするらしい。)





【住民税】@市役所

1月1日に住民票をおいている市町村で、前年度の収入に応じた住民税を払う必要があります。

もし1月1日よりも前に住民票を抜いて、海外に転出したら払わなくてよかったのですが、私は3月31日に退職だったのでそれは出来ませんでした。

今までは会社の給料から天引きで住民税を払っていましたが、4月1日からは自分で払う必要があるので、その手続きをしてきました。

口座引き落としにしましたが、引き落としが始まるのが6月かららしく、4・5月の2か月分のみ郵送で送られてくる振込票をもって自分で振り込みしなければならないそうです。

なので、この2か月分だけは家族にお金を預けて支払いをお願いしました。


また、口座引き落とし手続きの書類には印鑑が必要になるので忘れないように持っていきましょう。











にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
△ランキング参加中!応援よろしくお願いします^^♪ ★